Books 《 渡部の本 》

教育現場の「コンピテンシー評価」
「見えない能力」の評価を考える

渡部信一編著  ナカニシヤ出版 2,400円(+税) 2017

本表紙 アマゾンで購入する

経営学(ビジネス)領域で盛んに使用されている「コンピテンシー」という概念が近年、教育現場でも 大きな話題になっている。グローバル社会を背景とした教育、ICT活用による教育など「効果的・効率的 な教育」を実現するための様々な試みが行われるなか、一度立ち止まって「見えない能力」、そして「コン ピテンシー」に対する評価について考えてみたい。
 第Ⅰ部では、教育現場における「コンピテンシー」の評価に対して様々な教育現場の現状を概観する。第Ⅱ 部では、「コンピテンシー評価」の本質について検討する。

目次

  • はじめに
  • 第1部 教育現場における「コンピテンシー」の評価
    • 1 熟年教師が語る「見えない能力」の教育と評価植木克美
    • 2 聴覚障害児の「見えない能力」に対する教育大西孝志
    • 3 「授業力コンピテンシー」に対するICTを活用した評価中島 平
    • 4 日本の「わざ」習得と「コンピテンシー」の役割佐藤克美
    • 5 音楽の師弟関係における「コンピテンシー評価」高橋信雄
    • 6 対談:「コンピテンシー評価」とは何か?高橋信雄 × 渡部信一
  • 第2部 「コンピテンシー評価」の本質にせまる
    • 7 「コンピテンシー評価」に対する違和感渡部信一
    • 8 教育現場の評価者は同時に「指導者」であるということ渡部信一
    • 終章 教育現場における「コンピテンシー評価」とは何か?渡部信一

TOP PAGE