Profile

渡部信一
1957
東北大学医学部付属病院で生まれる
1977
東北大学教育学部入学
1981
東北大学大学院教育学研究科博士課程前期入学
1984
国立療養所宮城病院(現:国立病院機構宮城病院)心理言語療法士 -1988 年まで
1988
福岡教育大学(助手・講師・助教授)附属障害児治療教育センター -1998 年まで
博士(教育学)取得(東北大学 1992)
1993
豪州・クィーンズランド大学教育学部付属特殊教育センター客員研究員-1994 年まで
1998
東北大学教育学部 助教授(人間発達臨床科学講座) -2002 年まで
2002
東北大学大学院教育情報学研究部 教授(IT 教育認知科学講座)- 現在に至る
2007
東北大学国際高等研究教育機構国際高等融合領域研究所(兼任) -2012 年3 月まで
2008
東北大学大学院教育情報学研究部 研究部長
東北大学大学院教育情報学教育部 教育部長 (研究部・教育部=大学院研究科)

 - 現在に至る

自己紹介:職場と研究テーマについて

26歳:
大学院を修了し、心理言語療法士として「リハビリテーション病院」で働き始めました。 「医療現場」という「近代科学」の最前線で働くなかで、本当に様々なことを考えることができました。 病院で4年間働いた後、福岡教育大学に移動しました。
30歳:
福岡教育大学では「障害児センター」に所属し、自閉症児の臨床とともに特別支援学校の教員を目指す学生さんの指導を10年間おこないました。私の周りの有名な先生方は「マニュアル」にそってきちんと療育をなさっていましたが、私はそれをどうしても受け入れることができず、指導法をいろいろと探っていました。
この間にオーストラリアのクィーンズランド大学教育学部付属特殊教育センターで1年間勉強できたことは、私にとって一生の宝となっています。
40歳:
母校・東北大学にもどり、私は「インターネットを活用したカウンセリング」のプロジェクト(「ほっとママ」プロジェクト)を任されました。科学技術庁(当時)から莫大な研究資金(うん億円)をいただき、最初の2年間は本当に必死でプロジェクトを進めていました。
44歳:
幸いなことに「ほっとママ」プロジェクトが成功しマスコミなどで紹介されているとき、私のもとに次のプロジェクトの話が舞い込みました。東北大学が全学あげて実施する「東北大学インターネットスクール」プロジェクトです。結局、このプロジェクトは文部科学省も巻き込むことになり「教育情報学研究部・教育部」という独立大学院(修士12 名、博士5名)の設置となりました。
「インターネットスクール」プロジェクトと平行して、私はモーションキャプチャ・システムを活用し日本の伝統芸能の継承を支援する「伝統芸能デジタル化」プロジェクトを開始しました。
50歳:
2つのプロジェクトが軌道に乗り始めた頃、私は大学院の「研究部長・教育部長(=研究科長)」に選出されました。 このことにより、私の研究テーマのなかで「大学教育」が大きな割合を占めるようになりました。
現在、「研究部長・教育部長(=研究科長)」の5期目(9年目)です。
最後に:
人間の「知」と「学び」の研究を始めてから30年以上が経過しました。その間に職場が何度か代わり、そのたびに研究対象が代わり、そのたびに中心となる所属学会が代わりました。周囲から見れば「一貫性のない研究」と批判されるかもしれませんが、私自身は人間の「知」と「学び」に関するメカニズム解明というテーマで一貫して研究してきたと考えています。
最近、研究に大切なのは「継続」と「積み重ね」であることを実感しています。

TOP PAGE